茅葺の家で食べる料理は美味しい!

茅葺の家で、猪鍋と手打ち蕎麦をいただきました。ここは、テレビでも有名な、秩父の民宿になります。屋根を見ると、新しくなっていましたが、この屋根を葺いたのは、なんと、ここのご主人だそうです。今は、屋根を葺く職人さんがいないので、ご自分で独学で覚えて作業をしているそうです。小麦を使っているのでとても難しい技術になっているみたいですが、いつまでもこの風景を見たいので、是非、これからもがんばってもらいたいです。猪鍋ですが、自家製の味噌になっているので、味も香りも良いです。猪のお肉も野生のにおいもなく、美味しく食べることが出来ます。食べ終わったら、ご飯をいれて食べるとかなり美味しいです。お腹がいっぱいになるのでおすすめです。お蕎麦は、地元のそば粉を使っているみたいなので、口にいれた瞬間から蕎麦の香りがして、とても美味しいです。山芋と卵白をつかって練り込んでいるので、ここのお蕎麦を食べると、もう一度食べたくなるような、思い出の深いお蕎麦になっております。茅葺屋根の下で、食事ができるのは、今ではとても贅沢なような感じがいたしますが、お料理を美味しくいただけて、すごく幸せな気分になりました。