久しぶりに秩父でのんびりと釣りをしました。

友人と魚釣りに行くことになり、支度をして行ってきました。釣りの場所は、秩父の荒川になります。私の友人は、釣りに詳しいので、今回の目当ての魚はといいますと、サクラマスになります。宿は、以前、宿泊したことのある秩父の民宿にして、目的のポイントまでいきました。このポイントは、違う川が荒川に流れ込んでいるので、ここにサクラマスがやってきているといいます。仕掛けをつくって釣り糸を垂らしていたのですが、1時間くらいはあたりがなかったのですが、その後、10分くらいたつとあたりがあったので竿をあげてみると、エサをとられてました。もう一度、エサをつけてチャレンジしてみると、20分くらいであたりがきたのでタイミング良くあわせてみると、釣り上げることに成功しました。目的のサクラマスだったのでかなり嬉しく、大きさも27cmくらいありました。友人は、2匹釣ったのですが、私より大きいサイズなのでうらやましかったです。二人で魚をもった写真を撮影し、次の日は、早めに帰りました。たまには、釣りもいいですね。

I stayed at a historic hotel.

The other day, I stayed at a inn in Saitama Prefecture with my family.
It has been a building since the Edo period, and the roof is a thatched roof.
I have seen it in a Japanese history book, but actually it was a very beautiful house.
This inn is run by a family, and it is said that the master renovates the roof.
The dishes were hand-made dishes, so they were delicious.
The atmosphere in the room was so calm that I felt like I wanted to stay forever.
Also, if you come to Japan, I will visit here.
I will record it as a memory of my good trip.

心のこもった手作り料理が出てくる民宿

先日、友人と旅行にでかけました。目的の宿に行く前に、秩父神社により、いつものように写真を撮りました。ここの神社は、彫刻が素晴らしく、左右、前と後ろどこをみても立派な彫刻がありました。お守りを2つ買ってから宿に向かいました。さて、宿に着くと、ここは、秩父でも茅葺き屋根で有名な民宿になっております。話を聞くと、この屋根を現在葺いているのが、宿のご主人というのだから驚きました。現在、茅葺き屋根の職人が減少している時に、ご自分で覚えて葺いてしまうということに、かなり努力なされた方だと思いました。屋根の話を聞くと、とても詳しく、いつまでも屋根の話をしてくれたので、こちらも楽しく会話ができました。夕食には、山で採れたごちそうが並びました。あまりにも美味しいので、地酒を飲み過ぎてしまったほどです。特に美味しかったのが、岩茸の天ぷら、岩茸寿司、ヤマメの甘露煮、きのこ鍋になります。ほとんど美味しかったのですが、特に頭に残ってしまい、また食べたくなるような味です。今回は、ほんとによい宿を見つけたと思いました。また、他の友人も誘って、大勢でここに来ようと思います。