お墓参りに行ってきました。

今は、大変な時代になって、自分が生活していくだけでも大変な世の中ですが、こんな時こそ、お墓参りに行くべきだと思い、いってきました。お墓を綺麗にして、お花をそえて、お線香をたいて、心を込めて拝んでいると、不思議と、「がんばれ」って心の中に声が聞こえてきました。早くこの世の中が落ち着いてっていうよりは、まだ、新しい何かを勉強して、今の時代をのりきってやるといったことの考えに変わってきました。私は、今の仕事の他に、介護の資格を所得して、そちらのほうもやろうとおもっています。大変だからこそ、大変な仕事もするといった考えです。がんばります。

一乗院の宿坊

一乗院の宿坊は、まるで和風旅館のような雰囲気があります。
お部屋の中に入ると、和風になっているので、快適にすごせる空間が広がっています。
お風呂は、天然の桧を使っているのでとても豪華なお風呂になります。
食事は、精進料理になっているのですが、かなり豪華な料理がでてくるので驚きます。阿字観や写経の体験も可能になっているので、初めての方でも安心して体験ができます。この間、友人たちといってきたのですが、心も落ち着き、大満足の旅行になりました。

友人のお墓参りに行ってきました。

私の友人がなくなってから、5年ほどたちますが、久しぶりに彼のお墓参りにいってきました。お墓にいって、墓石を綺麗にしてあげ、お花をそえて、お線香をたきました。1時間ほど、思い出話をしていると、なんだか彼もまざっているような気がして楽しいひとときを過ごせました。そのあと、不思議なことに、昔、なくしたものが突然でてきたり、いいことがあったりして、ちょっとした幸せが訪れました。なんだか、彼がでてきて私のことを助けているようでした。

親友が亡くなりました。

3ヶ月前に、親友が亡くなりました。お葬式にいくと、友人の写真がありましたが、それをずっと見ていると、なにやら私に語りかけているようで、心の中に「ありがとうな」という言葉がはいってきました。葬儀が終わり、49日までは、なんだか家に友人がいるような気がしておりました。49日の間に、3回ほど、友人たちとあつまり、思い出話などをして楽しく会話しました。この思い出話をすることはとても大切なことで、亡くなった友人もすごく喜んでいるように思えました。49日をすぎると、家の中も静かになり、友人も天国へ旅立ったように思えました。天国へいっても、まだ、なんだかそばにいるような気がしますので、1年間は、飲み会などがあったら友人の話を出して、みんなで賑やかにすごそうと思います。

かわいがっていた犬が亡くなった場合

私の知人がとてもかわいがっていた犬が亡くなりました。さぞかし、かわいがっていた人も亡くなった動物も悲しんでいると思います。動物の供養は、最初だけ、お線香をたいて天国へ無事にいけるように願い、次からは、大好きだった食べ物を供えると良いと思います。動物は、お線香とかのにおいを嫌いますので、知人等の人には、2回目からは、好物をそなえることをおすすめしてます。参考にしていただけたら嬉しく思います。