The thatched roof was beautiful on a rainy day.

I went to a inn Saitama Prefecture with my company friends.
This is an old folk house with a thatched roof and is very popular.
It was raining on the day we stayed, but the appearance of the rain flowing from the roof was very beautiful.
The rain flowing like a staircase was like a work of art.
There is an atmosphere where the techniques of Japanese craftsmen are gathered here.
If you visit on a rainy day, please take a look at the rain flowing from the roof.
It’s so beautiful and inspiring.

家の中が騒がしいのでお線香をたきました。

最近、家の中が騒がしいような気配がするので、お線香をたきました。家の中が騒がしく、黒いような影をみるときは、お線香をたくと、1週間くらいは、静かになります。いつもこうやって霊が近寄るのを防いでおります。霊は、どこにでもいるので、何か騒がしい時は、お線香・お香のどちらでもいいのでたいてみてください。

茅葺の家は、心も体も癒されます。

日ごろの疲れを忘れたいので、秩父の民宿に宿泊しました。ここは、江戸時代から続いている古民家になっています。屋根をみると茅葺屋根になっており、この地域ではとても数が少なく貴重な建物になっています。宿には縁側があり、昔はここで訪れた人をもてなしたと言われております。縁側から入ると、畳の部屋があり、天井は、真っ黒に光っている姿になっており、いるだけで心地よい空間が広がります。この部屋にいて、外をボーっと眺めているだけでも落ち着くので、なんだか不思議な感じもいたします。一晩とまって次の日の朝は、野鳥の声で起きましたが、とてもリラックスできて、とてもよい朝を迎えました。

家の中が騒がしい時は、塩とお線香を用意します。

普段の生活で、なんとなく家の中が騒がしい時がありませんか?私は、家の中が騒がしい時は、小さな器にお塩を入れ、そこにお線香に火をつけて煙をだしておきます。すると、1週間くらいは、家の中が静かになるものです。霊は、そのままにしておくと悪さをするときがありますので、それを防止するようにします。あと、猫がいる家庭は、猫が天井の隅に何もいないのに、ずっと見ている時は、その場所に霊がいる可能性があります。そんなときは、お線香をたきましょう。お線香の煙は霊も嫌がるのです。

山に行くときはお線香をたきます。

私は、山に用事があるときは、お線香に火をつけ、その煙を体につけるようにしております。そうすることによって、何事もなく無事に帰ってこれることが多いです。お線香の煙をつけないと、ケガをしたり、なんだか嫌な予感がしたりと、様々なことがありました。お線香の煙ってお守りみたいなものになっております。